スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

schola 坂本龍一 音楽の学校

今日は病院行ったり、美容院行ったり、JINSでめがねの微調整をしたり、いろいろ細々とした用事を済ませた一日でありました。

先日とは別の場所のJINSに行って、オンラインショップで買っためがねの掛け心地を調整してもらったのですが、その店員さん(女性)の調整がもう絶妙で、ほんとうに感動的にぴったりに調整してくれました。
ついでに、別の支店で買った調整済みだったはずのめがねも見てもらったら、これまた本当に微妙な調整をしてくれて、全くずり落ちなくしてくれました。
まさしくプロの仕事。
職種を問わず、本当にいい仕事をする人に会うと、すごく嬉しくて幸せになります。


私の余暇はほとんどテレビの録画を、しかもほんとに真剣にたくさん見てるので、ほぼテレビブログになってしまっております(^_^;)。
今は続々と番組が終了して行く時期なので、書くタイミングもずれてしまうのですが、今日は先週末に終了した「schola 坂本龍一 音楽の学校」シーズン2について。

今シーズンは古典派編、ドビュッシー・サティ・ラヴェル編、ロックへの道編の3テーマでしたが、やっぱり素晴らしかったです。
この番組は、教授たちの解説もすごいけど、なんといってもワークショップが素晴らしい。
音楽の歴史を追体験するような画期的な課題を若い生徒たちが与えられて、それに見事に応えていくという。
生徒役の若者たちはどのように選抜しているのかわかりませんが、実にいい生徒さんを集めていて、質問に対する彼らの答えや、ワークショップの課題への反応を、講師の坂本教授自身がすごく楽しんで、喜んでいるのが伝わってくるのがまたよくて。

教授自身がピアノを弾きながら、戦メリのメロディーとアレンジの音の構成が、いかにドビュッシーらの影響を受けているかを解説した回。

馴染み深いロックという音楽が、アメリカの白人が黒人音楽をプレイし(その過程で、偶然アンプを落とすというアクシデントなどもあり)、それがイギリスの若者たちに伝わって、またそこでギターリフという発明が加えられてできたということを非常にわかりやすく示してくれた「ロックへの道」。
日本のロックの歴史もしっかりフォローしていて、はっぴーえんどやキャロル、RCサクセションなどを「歴史」として見るのは不思議な気もしたけど、そういう才能ある幾人もの先人たちが、ひとつひとつ道を切り開いてきたんだよなぁ。

番組を見ながら、いったい何枚の鱗が目から落ちたことか。

特に、「ロックへの道」編が、生徒役のアマチュアバンドの実力の高さもあって、非常に秀逸だったので、ディスクに焼きながらもう一度しっかりと見たいと思います。


シリーズはまだ続くんだと思うので、次回は当分先だろうけど、楽しみに待ちたいと思います。

「南極大陸」感想

終わりましたねぇ、「南極大陸」。
なんというか、それなりに良かったのですが、自分としては、ちょっと「何を描きたいのか」の焦点がブレていたかな、という印象が残りました。

最初は、「日本が『戦後』からいかに脱したか」というドラマだと思って見ていたのが、なんか途中からほとんど「犬のドラマ」になっちゃった、というような。
最後は、犬のがんばりに不屈の日本を重ねた、という感じで終わりましたが、ちょっとこじつけっぽい気もした。

大きな話で、大規模な予算で、大掛かりなロケとセットの大プロジェクトだったので、ついいろいろ欲張ってしまった、ということかもしれないけど、自分としては、人間の描き方が十分でなかった気がして残念でした。
たくさん出てきた登場人物のほとんどが、脚本ではなく、俳優さん本人の演技力に頼ってその人柄を表現していた気がして、もったいないなぁという印象でした。

俳優さんの中では、特に堺雅人さんがすごい迫力で、こんな怖い役もできるんだ、やっぱりすごい俳優さんだなと思いました。


あとは、ミタさんも、「謎解きはディナーの後で」も今週が最終回。今年も終わりが近づいてますねぇ。


寒い日が続いていますが、年末に向けて今週が正念場、いつもより仕事が多目ですが3連休も不休でがんばります。



「un-go」脚本家・會川昇さんインタビュー

「un-go」の脚本家・會川昇さんのロングインタビューがネットで読めます。
http://ascii.jp/elem/000/000/656/656005/
まだ後編もあるみたい。

un-goにおける「戦争」と「戦後」の重要性を語っていて、そして「今」を「戦後」として描こうとしたという辺りは、やっぱり思った通りという感じです。
それと、坂口安吾はやっぱり読むべきだと改めて思いました。


それとは関係ないけど、今TOKYO MXで再放送中の「化物語」ですが、本放送時には放映されずに、後にネット配信された13話から15話も今回は放送してくれるらしい!
やったぁ。
当時私は海外にいて、ネット配信が見られず(多くの動画配信サイトは、海外からのアクセスを制限しているのです)、13話以降は初めて見られるので、嬉しいです!

やっぱり、アニメの“本場”日本にいると、いろいろといいことがあります。(^_^)


ギルティクラウン続投!

un-goはいよいよ次回が最終回となってしまいましたが、ギルティクラウンの方は、どうやらもう1クール続くらしい!
よかったー!
ストーリーは、主人公も、世界も、非常に絶望的な状況になっており、なんだかガンダム00の前半が終わったときのような感じだな。

アニメの1クール(11~13話)って、かなり短い気がする。
1話が30分しかないから、同じ3ヶ月でもドラマより短く感じるのかも。
個人的には、すべてのアニメを25話の半年単位でやってほしいぐらいだ。

そんな感じで今ではすっかりテレビシリーズのアニメに慣れてしまったので、
ジブリ作品のように、1時間半から2時間程度の1本の映画ですべてが終わってしまうアニメを見るのがちょっと怖くなってる。

でも、テレビで昨日やった「アリエッティ」は一応録画したので、久々におそるおそるジブリを見てみよう。
そういえば、ジブリは「ハウル」以降全然見てないから、もう4作品も見逃しているんだな。

JINSでめがね買いました

jins.jpg

先日めがねをうっかり踏んづけて破壊してしまってから、1日は裸眼、1日はコンタクトで過ごしましたが、やっぱり不便この上ないので、そそくさと近くのJINSの店を探して、早速作りに行きました。
安売りめがね店はzoffなんかが走りでしたが、今はいろいろあるんですね。

とにかく軽くてあまり目立たないのがいいので、今回もチタンフレームにしました。
40分待てばその日のうちにすぐ持ち帰れて、助かりました。

JINSはオンラインショップもあって、店頭で一度視力測定をすれば、同じデータを使って後はネットで度付きのめがねが簡単に買えるというのは便利だなと思います。
オンラインショップの50%オフクーポンをもらったので、半額ならと、色味がちょっと違うのを早速注文。
半額クーポンを配っているためだと思いますが、注文が殺到しているらしくて、普段は3日で届くのが、1週間から10日かかると通知が来ましたが、結局4日目には届きました。

ケースは色は選べるけど大きさは選べないのですが、お店で買ったのはMサイズ、オンラインで来たのはSサイズだったので、違うサイズが揃ってよかった。

私はおしゃれにはほぼ興味がない人間なので、ファッションによってめがねを掛けかえるなんて思いもよりませんでしたが、めがねを作るのがこんなに嬉しいものだとは知らなかった。
これからは気分とTPOによってめがねを選べるようになるのは(二者択一とはいえ)楽しみです。(^_^)

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

walkandrest

Author:walkandrest
2003年から2010年まで台湾で生活。
逆カルチャーショックを乗り越え、日本での生活を構築中。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。