スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋名物・ひつまぶし

hitumabushi.jpg

これまた何週間も経ってしまいましたが、北海道の後には、お伊勢参りに行く機会がありました。
静岡以西の中部地方の地理にはとんと疎い、という、典型的(?)関東人なので、伊勢神宮って、名古屋より手前?向こう?名古屋と同じ愛知県?とか、全くとんちんかんなまま、車で連れて行ってもらいました。
そのときは納得したはずですが、帰ってきて数週間たった今では、すっかり、伊勢って岐阜県だっけ?などという状態に戻っています。
(正解は、三重県です。三重とか岐阜って、関東人にとって一番弱い地域ですよね…私だけ?)

伊勢に行くには、まず、名古屋まで行って、それからまだまだ先に行かなければならず、東京からはかなり遠いです。
日帰りではちょっと厳しい距離で、早朝に出発し、深夜に帰ってきました。

伊勢神宮にお参りしたのは今回二度目、やっぱり境内の清浄さとパワーは並々ならぬものがあるところだと思いました。

途中寄った熱田神宮のそばで、名物のひつまぶしを初めて食べましたが、おいしいものですね。
要するに、うなぎが乗っているうな丼みたいなものではありますが、まずうなぎが違う。
蒸さずに直接焼いているらしくて、かなり油が落ちていて、しかも焦げ目が結構しっかりついているので香ばしい。
そして、かなり細かく切ってある。
それが、ご飯をぎっしり詰めたおひつの上に、びっしりと敷き詰められ、甘辛のたれがかかっています。

これには食べ方があって、しゃもじで十文字に四等分にし、最初の四分の一はそのまま食べ、2杯目はねぎ、わさび、刻み海苔の薬味をかけて食べ、3杯目は薬味プラスお出汁をかけてお茶漬けにし、最後の4杯目は一番好みだった食べ方をもう一度、というのがお約束だそうです。
それぞれ違うおいしさがあって、みんなおいしかったですが、中でもお茶漬けは今まで食べたことない味で、かなりの感動でした。

ochaduke.jpg

関東式の蒲焼だったら、脂ぎっていてお茶漬けには向かないと思いますが、油がほどよく落ちているので、お茶漬けにしてもあっさりしたお味。
結局、4杯目はお出汁がなくなるまで、お茶漬けで食べました。

今年はうなぎが高価だったので、土用の丑のうなぎも食べずじまいでしたが、ひつまぶしが食べられたので、心置きなく年が越せそうです。
(まだ10月だけど(笑))


追記:
今確認したら、三重県って中部地方じゃないんですね。近畿とか、東海に入るらしい。
それさえも知らないという…(汗)

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

walkandrest

Author:walkandrest
2003年から2010年まで台湾で生活。
逆カルチャーショックを乗り越え、日本での生活を構築中。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。