スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐もいいけど、やっぱりSMAPはすげえ。

先日のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」SMAP特集の録画を見ました。
最近のジャニーズでは嵐の勢いがすごくて、自分も唯一録画してまで見るバラエティーは嵐なんだけど、やっぱりSMAPはすごいと感じられた番組でした。

実はSMAPって特に好きなメンバーとかいなくて、キムタクも自分の中では大昔のロンバケで時代が止まってるという感じだったのだけど、最近まとめて再放送された「華麗なる一族」を見たら、演技としてはいつものキムタクだったものの、いつもとは違う「超悲劇的な主人公」のキムタクに心を持っていかれてしまって、今まではなかったシンパシーを感じるようになりました。
今度の「南極大陸」も見るつもりです。
(そういえば、実写版ヤマトも見に行ったよな。実は、前から無意識で結構キムタク好きだったのかも…)

そんな自分なので、正直SMAPのことはよく知らなかったのだけど、「プロフェッショナル」を見てすごく驚いたのは、彼らの謙虚さというか、自分たちが「大したことない」こと、「素人、二流」であることを自覚しながらやっているということでした。
歌も、踊りも、演技も、それ専門の一流の人たちにはかなわない、ということを自覚しつつ、それでもできることを全力でやろう、というのがSMAPだ、という彼らに、驚き、認識を新たにさせられた感じです。
コンサートの演出を香取くんがやっている、というのもびっくりでした。

「楽したらSMAPじゃない」とか、「成功は保障されていないとしても、成長は保障されている」なんていう言葉を普通に言えてしまうところに、20年間続けてきた経験は伊達ではないことが表れていて、尊敬の念さえおぼえました。

人間、努力ができるということが、やっぱりいちばんすごいことだし、大切なことなんだよな。
最大限の努力を、しかもずっと続けていくということは、強くないとできないだろうけど、努力を続けることで強くなれるということもあるのだろう。

自分も、まずは、最大限でなく、最小限でもいいから、努力を続けられる人になりたい。

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

walkandrest

Author:walkandrest
2003年から2010年まで台湾で生活。
逆カルチャーショックを乗り越え、日本での生活を構築中。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。