スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲府

houtou.jpg

秋になってからは、ちょっと旅行づいていて、先週も甲府方面へ行ってきました。
今回はバイクで一泊ツーリング。
ぶっちゃけ、今年に入ってからは、震災で燃料不足とかの時期もあったし、職場に行くとか役所に行くとか、そういう近場にしかバイクに乗って行っていなかったので、寒くなる前に一度ぐらいは遠乗りしてあげないとな、と思い、中央高速で行ってきました。

甲府にバイクで行くのは、去年に続いて二度目。
バイクは250ccの単気筒なので、正直高速はかなりきついのですが、1時間ぐらいで着く甲府はちょうどいい距離です。
甲府は盆地なので、夏暑く冬寒いみたいですが、富士山や南アルプス、八ヶ岳が見え、温泉もあるし、とうもろこしとかおいしい野菜もできるし、なんといっても「ほうとう」がおいしい!

ほうとうのお店はたくさんありますが、今回は「小作」に連れて行ってもらいました。
かぼちゃはもちろん、じゃがいもや里芋などの野菜、それにご覧の通り山盛りの山菜とごぼうがトッピング。
出汁が濃い目で、味噌味はわりと薄め(でも食べているうちに麺がどんどん水分を吸うので、だんだんちょうどよくなる)、味付けも具沢山加減も私好みでございました。

バイクって、カバーをかけっぱなしで一旦埃をかぶってしまうと、つい乗らなくなってしまうのですが、久々にでも乗ってあげると、やっぱり楽しいし、高速では非力ながらもアクセル回せば、どんどんエンジンがついてきて見違えるように高回転型になってくれたり、かわいい奴だなぁと思います。

一旦定期点検に出したら、寒くなる前に、あと1回か2回は遠出してあげようと思います。
(まぁ、ホンマのライダーなら、寒くても乗るんやろうけどな……^_^;)

fuji-san.jpg

富士山が、頭だけ出してくれました。
近くで見ると、さすがに大きいです!
スポンサーサイト

名古屋名物・ひつまぶし

hitumabushi.jpg

これまた何週間も経ってしまいましたが、北海道の後には、お伊勢参りに行く機会がありました。
静岡以西の中部地方の地理にはとんと疎い、という、典型的(?)関東人なので、伊勢神宮って、名古屋より手前?向こう?名古屋と同じ愛知県?とか、全くとんちんかんなまま、車で連れて行ってもらいました。
そのときは納得したはずですが、帰ってきて数週間たった今では、すっかり、伊勢って岐阜県だっけ?などという状態に戻っています。
(正解は、三重県です。三重とか岐阜って、関東人にとって一番弱い地域ですよね…私だけ?)

伊勢に行くには、まず、名古屋まで行って、それからまだまだ先に行かなければならず、東京からはかなり遠いです。
日帰りではちょっと厳しい距離で、早朝に出発し、深夜に帰ってきました。

伊勢神宮にお参りしたのは今回二度目、やっぱり境内の清浄さとパワーは並々ならぬものがあるところだと思いました。

途中寄った熱田神宮のそばで、名物のひつまぶしを初めて食べましたが、おいしいものですね。
要するに、うなぎが乗っているうな丼みたいなものではありますが、まずうなぎが違う。
蒸さずに直接焼いているらしくて、かなり油が落ちていて、しかも焦げ目が結構しっかりついているので香ばしい。
そして、かなり細かく切ってある。
それが、ご飯をぎっしり詰めたおひつの上に、びっしりと敷き詰められ、甘辛のたれがかかっています。

これには食べ方があって、しゃもじで十文字に四等分にし、最初の四分の一はそのまま食べ、2杯目はねぎ、わさび、刻み海苔の薬味をかけて食べ、3杯目は薬味プラスお出汁をかけてお茶漬けにし、最後の4杯目は一番好みだった食べ方をもう一度、というのがお約束だそうです。
それぞれ違うおいしさがあって、みんなおいしかったですが、中でもお茶漬けは今まで食べたことない味で、かなりの感動でした。

ochaduke.jpg

関東式の蒲焼だったら、脂ぎっていてお茶漬けには向かないと思いますが、油がほどよく落ちているので、お茶漬けにしてもあっさりしたお味。
結局、4杯目はお出汁がなくなるまで、お茶漬けで食べました。

今年はうなぎが高価だったので、土用の丑のうなぎも食べずじまいでしたが、ひつまぶしが食べられたので、心置きなく年が越せそうです。
(まだ10月だけど(笑))


追記:
今確認したら、三重県って中部地方じゃないんですね。近畿とか、東海に入るらしい。
それさえも知らないという…(汗)

初秋の北海道

もう半月以上経ってしまいましたが、9月の末に北海道に行ってきました。
北海道は、青函連絡船がなくなる最後の年に鉄道と船で行って以来なので、なんと20年以上ぶり。
旅の手段も、名物も、観光名所も、すっかり様変わりして、まるで初めての外国へ行った気分でした。


haneda.jpg

国際線ターミナルが話題の羽田空港ですが、国内線ターミナルもすごく大きくきれいになっていて、びっくり。
実は空港建築の機能美って、かなり好きです。
この羽田国内線ターミナルもかなりいい線行っていると思ったので、誰か有名な人が設計したのかと思いましたが、特にそういうことではないみたい。


tokeidai.jpg

言わずと知れた、札幌時計台。
ここは20数年前にも来たことがありましたが、想像よりきれいじゃなくてがっかりした記憶が。
それが、今回は、時計台ってこんなにきれいだったっけ、と思いました。
たぶんその後修復されたのだろうし、夜景マジックもあったのかもしれませんが、同じものでも時が経つと違って見えるんだなぁ、と感慨深かったです。
ここが元は演武場として建てられたということも初めて知りました。
こんなにおしゃれな演武場なんて、ありえない。
やっぱり、明治時代って、とんでもない時代だと思いました。


furano.jpg

富良野。
天気が良く、十勝岳連峰がすごくきれいに見えました。
こんなにクリアに見えることはなかなかないらしく、地元のガイドさんがしきりに感動していました。
富良野って、ラベンダーのイメージが強いですが、それ以外の季節にもいろんな花が咲くように工夫しているみたいです。
それにしても、富良野っていうと、条件反射のように、田中邦衛さんのモノマネをしたくなるというのは、困ったもんです。
「北の国から」を見ていなかった私でさえそうなんだから。
テレビの影響、恐るべしです。

そのほか、話題の旭山動物園や小樽などにも行きました。
昔の北海道では、札幌ラーメンを食べて、お土産にはトラピストクッキーを買って、というのが定番でしたが、今回は、札幌ではスープカレーを食べ、お土産にはじゃがポックルとマルセイバターサンドを購入。
20年も経つと、本当にいろいろ変わるんだということを感じた北海道の旅でした。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

walkandrest

Author:walkandrest
2003年から2010年まで台湾で生活。
逆カルチャーショックを乗り越え、日本での生活を構築中。

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。